部屋探し失敗談

迷って迷っての挙句のことである。こんな私の部屋探し失敗談を記していきます。同じような状態に陥らないためにと、願いを込めて書きます。

部屋探しと優柔不断な私

同じような失敗をしてしまう方の為に、私がやってしまった部屋探しの体験談を書きとめておこうと思う。なにしろ私は優柔不断で決断力がなく、まよってまよって挙句のはてに結果が出ないこともしばしば。そんなこんなで、最初のこの始まりからしてオチが予測できてしまいそうだが、部屋探しのコツと体験談をお話しましょう。昨年の夏より少し前から、そろそろ引越しをしようと考えていた。というのも、更新が半年後にせまってきていたからだ。

部屋探しは更新前に行動する

更新するくらいならいっそ、もう少し広めのところに引越そうと思う。ということで、来週の日曜日に部屋探しに行くことになった。やっぱり物件数が多そうな大手の不動産屋に入ってみた。部屋探しですか?突然聞かれてびっくりしたが、あっはいそうです。こちらにおかけ下さい。どのような条件でおさがしですか?う〜ん、今のところが1Rで狭くなってきたので広いところがいいです。1DKぐらいですか?キッチンが広くても意味ないです。

部屋探しは日当たりのいいとこで

今が6畳なので、出来れば8畳くらいの広いところか、どうしてもなければ1LDKでも2Kくらいでもいいです。なるほど、そういう事でしたか。荷物が多いので収納が多いほうがいいです。部屋探しへのこだわりって他にありますか?これは絶対ゆずれないって条件があればお聞きします。そうですね、南向きで日当たりが良く、バストイレ別で2階以上がいいです。すごく日当たりが悪いところや、1階はなしの方向で部屋探ししてます。